読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松川で工藤

勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようなっているのです。
どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、小さなコドモがいる人でもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。
小さいコドモがいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。
基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。

正職員やパート、派遣といったように、看護師のはたらき方も色々ではありますが、結局、大多数の看護師は病院で働いております。



ですが実のところ、病院という職場以外の場所においても、いくつも看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は増えていて、競争率の高いところもあるようです。
看護師はこんな風に働く場所も多いですから、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際に最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。
毎日、看護師として頑張っている中、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。
楽ができる病棟はどこだろう、と真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。
全体的に見て、比較的忙しくない診療科としては、人命にか換らないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。
とはいっても、病院にもよりますし、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。看護のスペシャリストであり、いろんな役割を期待される看護師は医療や介護など、いろんな場面で求められています。



ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、沿ういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。

近年においては、ウェブ上のサービスとして専門的に看護師の求人などを支援するホームページも豊富にあるようですので、活用しつつ、最適の仕事先を見つけてください。医療機関、それも病棟に勤務する看護師ならば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制によりもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。

夜勤ならではの特性としては、日勤と比べて人手がだいぶ減ってしまい、沿うやって人がいなくなった夜中に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。交代制で病棟勤務をしていると、週末も何もあったものではありませんが、やりようによっては、週末に休むことも可能です。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、週末が休日になるでしょう。
何か急な事態によって呼び出されたり、休日診療に出ることになることもありますが、でも、ほぼ安定して週末は休めます。

僧侶と交わる色欲の夜に
それから個人経営の病院で、入院施設のないところなら、沿ういったところは高い確率でちゃんと週末休みになっているはずです。医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。保育園や学童にコドモを預けて働けるため、コドモのいる人には良い環境です。
そしてまた、外来勤務では夜勤がないのは持とより、大体は週末祝日が休めるという点が嬉しいところです。

勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院によるわけですが、混みやすい小児科や、人気のある医師(名医と呼ばれる人からヤブと呼ばれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)のいる診療科だと多くの患者で待合室がいっぱいになり、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。



求められるスキルもどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。看護師の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。これは、食事をとりに休憩してきます、ということを仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち使用している現場は多いようです。


ちなみにエッセンとは何かといいますと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。
この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、そんな時代(地デジ化によってアナログテレビの歴史に幕が下りましたが、今でも一部地域では見られるそうです)の名残ですが、とにかく今の時代(地デジ化によってアナログテレビの歴史に幕が下りましたが、今でも一部地域では見られるそうです)の看護師も、よく使う業界用語です。